行政書士試験学習方法2 一般知識編

【情報通信・個人情報保護】
まず個人情報保護法は全条文を一通り、関連法令に関しては大筋を、それぞれ確認しておきましょう。関係する時事問題もチェックします。行政書士は常に新しい用語などに敏感であることが必要とされているため、このように試験勉強の段階から時事的用語に注意して学習を進めましょう。

【文章理解】
空欄補充・要旨把握・段落整序問題が出題されています。やはり時事的用語が問題文にも選択肢にもよく使われます。

全体的に、行政書士となって開業した後に使われる内容が出題される傾向があります。各分野間の境界線がはっきりしない、多方面に関連する問題も多くなっています。
これは行政書士の業務自体が広い範囲にわたっているためであると言えます。
対策としては、普段のニュースの見方を工夫すると良いでしょう。一歩離れた視点から、全体を俯瞰して見るように訓練します。そうすれば開業後も、狭い視野からではなくさまざまな角度から業務をこなすことができるはずです。