行政書士試験の主な学習手段は3つあります。①独学、②予備校などに通学、そして③通信教育です。
独学でも十分合格できる資格と言えるので、どの学習方法を選択するかは各自の状況次第です。時間や経済的な余裕、また法律の勉強は初めてかなどを考慮し、自分に合った方法を選びましょう。
行政書士の難易度についても、勉強前にこのようなサイトで情報を集めておくがおすすめです。

【独学】
通学する時間やお金に余裕がない人には最適ですが、自分で計画を立てたり時間配分を管理できないと難しい一面もあります。独りよがりの学習にならないよう、模試を受けて学習度をチェックしながら進めることがポイントです。また、疑問点が出てきたときの解消法を考える必要もあります。

【通学】
各予備校独自のテキストが用意されていることが多く、重要点がまとまっているので効率的です。講師がいるので疑問点もすぐに解決できますが、一方で受け身の姿勢になってしまうと自分で考える習慣が不足してしまうため、独学とは違った意味での自己管理が必要です。通学の往復の時間もお金もかかります。

【通信教育】
自分で時間管理が必要ではありますが、一通りの範囲を効率よく学習できます。費用も比較的安価です。ちょうど通学と独学のいいところを併せ持っていますが、疑問点の解決は郵送や電話・メールなどの手段を使うため、多少時間がかかるという難点があります。

使用する教材や予備校、通信教育は、どれを選ぶにしても評判や口コミを過剰にあてにせず、あくまでも「自分に合うかどうか」を考えることが重要です。評判の良いテキストが自分には見づらかったり、人気講師の講義と相性が合わないということはよくあります。必ず自分の目で見て確かめ、選択しましょう。
勉強法で迷った時には、勉強法解説サイトでさらに情報収集して、自分に合った勉強方法を選ぶのも良いでしょう。